交通事故に遭った場合は早い段階で治療することが、早期改善につながります。
現在治療を受けていても改善が見られない場合は、もしかしたら症状に適した治療ではないのかもしれません。
もしちょっとしたお困りごとなどがありましたら、まずは一度ご相談ください。
適切なアドバイス、サポートをさせていただきます。

施術案内

交通事故の治療費について

 

ほとんどの場合、自動車保険の自賠責保険と任意保険を使うことにより、窓口での負担金額は実質0円になります。

※ただし、自賠責保険を使用できないケースもありますので、事前にスタッフまでご相談ください。

自賠責保険の手続きについて

自賠責と任意保険を使う事により、窓口での負担額は、0円になります。
もちろん治るまでが治療期間です。
しかし3ヶ月から6ヶ月経った段階で、保険会社から治療の終了を勧められることもありますが、まだ症状の改善・回復を見込める場合、治療を継続することができます。
さらに、被害者の場合は治療期間に応じて慰謝料が支払われます。

※警察提出用の「診断証明書」を発行することが出来ますので、診断を受ける前にスタッフにお申し付けください。

慰謝料について

慰謝料とは交通事故によって被った精神的な苦痛に対する賠償です。
怪我の治療にかかった通院期間・実通院日数を基に、自賠責保険の慰謝料計算方法が定められています。
痛みがあるのに我慢をして通院していない場合には、慰謝料が少なくなってしまうので、回復するまで十分に治療を受け、さらに適正な慰謝料も受け取るようにしましょう。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられており、一般に「強制保険」と呼ばれています。 交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、被害者救済を目的に国が始めた保険制度です。保険では下記の費用が認められ、その合計限度額は120万円です。
・治療費                                      合理的な治療費の実費。 応急手当費診察料、入院料投薬料、手術料、処置料等通院費、転院費、入院費 など。                             ※接骨院・鍼灸院での治療もここに含まれます。
・交通費                                      通院に際しての交通費も支払われます。                       ・ 列車、バス等 規定の用紙に運賃を記入することで支払われます。          領収書不要です。                                     ・タクシー やむを得ない場合に認められます。                   歩行困難や他の交通手段のない場合。領収書必要です。                                       ・ 自家用車 通院距離に応じた燃料代(1kmあたり15円)、有料道路の通行料金、 病院の駐車場料金が支払われます。(燃料代以外は領収書必要)
・休業損害費                                               自賠責保険基準では原則として1日5,700円が支払われます。 また、日額5,700円を超える収入があることを証明できる場合には、19,000円を上限に下記計算式による実費が支払われます。                                  1.給与所得者 過去3カ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。 事故前3カ月の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数 (会社の総務課が作成したもの、担当者名、代表社印)                            2.パート・アルバイト・日雇い労働者 日給×事故前3カ月間の就労日数÷90日×認定休業日数 (アルバイト先等の証明を要します。)                    3.事業所得者 事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。                                     4.家事従事者 家事ができない場合は収入の減少があったものと見なし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。
・慰謝料                                     慰謝料とは、事故によって被害者が受けた精神的な苦痛に対して支払われる賠償金のことで、1日4,200円が支払われます。 慰謝料の対象になる日数は、「治療期間」と「実治療日数」によって決定されます。 ・ 治療期間 治療開始日から治療終了日までの日数 ・ 実治療日数 実際に治療を行った日数 「実治療日数」×2 と「治療期間」で少ない方の数字に4,200円をかければ 慰謝料が算定されます。 (上記、「実治療日数」×2とありますが、実治療日数の2倍の慰謝料が算定されるのは整形外科に通院した場合と整骨院・接骨院に通院した場合のみです。鍼灸院や整体院では、実治療日数のみしか算定されません。慰謝料の面から見ても、整骨院・接骨院にかかるのかお勧めです。) 妊婦が胎児を死産又は流産した場合は、上記のほかに慰謝料が認められます。

交通事故治療の流れ

1.各種運動検査・説明

      

痛みの症状がある個所を実際に触診して検査します。
その後、今後どのように治療をしていくのか患者様お1人お1人に合わせて治療計画を建てます。

2.施術

  

 

交通事故の症状(むち打ち・手のしびれなど)に合わせて様々な施術を行います。
合わせて日常生活での注意点の指導なども行っていきます。
また、保険会社とのやりとりもサポートさせていただきます。

3.施術の終了

 

症状が改善されたら治療完了です。
症状や個所によりますが、平均2~6ヶ月ぐらいで施術が完了します。
事故の症状は後遺症に残りやすいので、治るまで治療をしましょう。
保険会社に治療が完了した旨を報告し、費用を計算してもらいます。

むち打ち症は、放っておいてもよくなりません!!

早期の治療開始が早期の回復につながります。
また、交通事故の症状は後遺症に残りやすいので、早めの治療をおすすめします。

     

 

      こんな症状は要注意!!
     むち打ち症の可能性があります。

 

       

       1.頭痛やめまいがひどい

                   2.事故後、2~3日後に痛みが出てきた

       3.手足がしびれる

                                              4.首に熱感がある

                                              5.吐き気がひどい

そもそも、「むち打ち」とは?

むち打ちという言葉は1928年から使われるようになりましたが、
正式名称は外傷性頸部症候群(がいしょうせいけいぶしょうこうぐん)と言い、頸椎捻挫(けいついねんざ)と言う場合もあります。
むち打ちは俗称で、診断書には正式名称が記載されます。

むち打ちの大半は交通事故で、後方からの衝突が原因です。
頭部が強い衝撃を受ける事により、むちを振り回すようなS字形の動きを強いられることで様々な症状が出現する疾患です。

どうして、むち打ちになるの?

頚椎捻挫、バレリュー症候群、外傷性頚部症候群、頚部挫傷、頚椎椎間板ヘルニアなどがむち打ちの疾病です。
具体的には、打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷など首の筋肉や靭帯、関節などを痛めたことで、首や肩、背中に痛みが走ったり、動きづらくなる症状が持続します。
むち打ちは、首の損傷のうちでも、比較的軽度のものを指します。
一般的に女性は男性よりも首が細く、筋量が少ないため、むち打ちを起こしやすいと言われています。

治療中、保険会社から治療を中止するよう催促される事がありますが、 治療を中止する必要はありません。
症状が残っているのなら、治療を継続しましょう。保険会社の催促でお困りの場合は、お気軽にご相談ください。

交通事故治療のよくある質問

Q  治療費はかかりますか?

A  交通事故の場合、自賠責保険により治療費がまかなわれますので窓口での負担はありません。安心して治療に専念していただけます。

Q 保険会社が治療を行う医療機関を決めるのでしょうか?

A どの医療機関にかかるかどうかは、被害者が決めます。保険会社は強制することは出来ません。医療機関の名称と連絡先を伝えるだけで、その後は保険会社と医療機関がやり取りを行ないます。
保険会社によっては、整骨院や接骨院では保険が使えないと言われる場合もありますが、そんなことはありません。万一そのような事を言われた場合、すぐに相談ください。

Q 事前に予約した方がいいでしょうか?

A 必ずしも事前に予約しなければいけないわけではありませんが、混雑状況によってはお待たせ、お断りする場合もございますので、事前のご予約をおすすめ致します。

Q どのような服装で行けばいいですか?

A 基本的には普段着で来院していただいて結構です。できれば関節等を動かしますので、動きやすい服装が理想です。

Q むち打ち治療って毎日通ってもいいのでしょうか?

A 当然毎日通っていただいて結構です。
損傷してすぐに治療したほうが安定も良いので、事故後の早期は通える範囲で出来るだけ来院していただく事をお勧めします。
ですので、事故に遭った場合はできるだけ通院されたほうがよいと思います。

奈良市六条西周辺で、むちうちに対応する施術の実績がある整骨院をお探しの方は、ぜひ当院へお越しください。当院は多くの施術実績が評価され、おすすめ店舗として認定されています。 骨折、脱臼、打撲などの健康保険対象の施術だけでなく、自賠責保険での治療費に関するご質問にも丁寧にお答えいたします。 ご不明な点は、どうぞお気軽にご相談ください。 軽いむちうちでも、ほかの症状につながります。これらの症状と一生付き合っていくのは非常に辛いことです。むちうちになった場合は早めに対処しましょう。
ネット予約はこちらから、24時間受付中

▲ページトップに戻る