産前の腰痛解消や産後の骨盤矯正・引き締めもお任せください

妊娠による骨盤の変化について

妊娠すると、リラキシンという女性ホルモンの分泌が増加します。

これにより、体中の靭帯を緩められ、骨盤が開くことによって胎内の赤ちゃんが安全に成長できるようになり、出産時に産道をスムーズに通れるようになります。

出産において必要不可欠な作用ではありますが、これが原因で産前・産後において痛みや不調をきたす可能性があります。

産前の腰痛

リラキシンの分泌は、妊娠中以外に生理中にも増加します。その際にも同様の痛みを感じられる方もいるかもしれませんが、靭帯が緩むことによって、周りの関節にも負担がかかり、筋肉の緊張を引き起こすことによって痛みが発生します。特に妊娠中は、どんどん大きくなる赤ちゃんを支える力がかかるため、特に腰に痛みを引き起こしやすくなります。

 

そんな症状が現れた場合は我慢せずに、一度当院にご相談いただければと思います。

筋肉の緊張をほぐす手技によるソフトなマッサージで、痛みを解消することができます。また、産前に骨盤周辺を整えておくことによって、骨盤がさらに開きやすくなり、出産がスムーズになる効果もあります。

 

産後の骨盤の開き・歪み

出産後、リラキシンの分泌は止まりますが、それ以降2か月~6か月くらいかけて、開いた骨盤が徐々にもとに戻っていきます。

骨盤が開いているあいだは、開いた部分に内蔵が下がってくるため、下腹部がポッコリ出てきます。

下がった内臓が血流やリンパの流れを圧迫し、冷えが起こったり、肩こり、腰痛、むくみ、冷え性などの婦人科系トラブルにもつながることもあります。

 

また、筋力低下による緩みと代謝の減少で太りやすくなり、骨盤が開いている影響と筋力低下によりお尻が大きく見えたり、位置が下がったりすることがあります。

 

骨盤の開きについては基本的には自然に治りますが、この時期は関節が柔らかくなっているので、もともとの姿勢が悪かったり、筋力が弱い方については、歪みが生じやすい時期であるとも言えます。

骨盤矯正について

産後、基本的には自然に治っていく骨盤の開きですが、その他の不調を引き起こすことなく、よりスムーズに治るように、骨盤矯正をしてみてはいかがでしょうか。

特にご自身のお体に何らかの不調が出ている方や、産前の体型に戻るかどうかご心配な方は一度お越しいただければと思います。

 

当院では、腰や股関節、両足を中心に、体全体のバランスが整うように施術してまいります。

 

骨盤矯正のタイミングとしては、出産後2か月後~6か月が最適と言われていますが、6か月以降であっても体に不調がある場合は一度ご相談にお越しいただければと思います。(ご相談は無料です)

 

また、当院には保育士資格をもったメンバーのおりますので、事前にご相談いただければお子様連れでお越しいただいても大丈夫です。

 

是非お気軽にお越しください。

ただいま、キャンペーン中

3のつく日は産後の日

通常8,000円のところ、3,500円 で施術を承ります。

是非、ご活用ください。


▲ページトップに戻る